爪のお悩み相談室
まだまだ知られていない爪のトラブルどうしたらいいのでしょうか?そんな悩みを無料でお応えいたします。
おすすめ商品
足の診断
手の診断
LINE
本のこと

サロンケア

2017年6月8日 キレイな爪のつくりかた(サロン)

5-2 ケア写真A

頼りになるのは、やはりプロのケアです。

 

ネイルケアといっても、いろいろなやり方があります。
ネイルサロンで行われるネイルケアには、大きくわけて3種類あります。

 

 

~ドライケア~
爪の形を形成し、乾いた状態でキューティクル周囲を押し上げ、ルーススキン(剥脱していく不要になった表皮)を取ります。
これは、ジェル施術の際、邪魔にならないためのものです。

 

~ウォーターケア~
爪の形を形成し、微温水で皮膚を柔らかくし、キューティクル周囲を押し上げ、ささくれを取ります。
ウォーターケアでは皮膚が柔軟な状態になっているので、ドライケアよりルーススキン(剥脱していく不要になった表皮)を細部まで押し上げることができます。
こちらは、爪周辺をきれいにするためのものです。

 

~育成ケア~
爪の形を折れにくい状態で形成し、微泉水で皮膚を柔らかくし、ルーススキンを取り除きます。キューティクル内側のルーススキンをしっかり押し上げることにより、細菌などの侵入をさらに防ぎます。
育成ケアは、ターンサイクルを早め、爪が伸びやすい環境をつくり、健康的な爪を伸ばしていきます。

 

 
様々なやり方がありますが、
事前に内容をちゃんと確認した上でご自身の爪の状態にあったケアをしてもらいましょう。

  • 美しい爪・健康な爪になる方法を教えます!

  • ネイルのプロフェッショナルが教える美しい爪・健康な爪基礎知識
  • お客様の喜びの声
  • NAIL CLINIQUE
  • Ryo nail
  • 光伸メディカルクリニック
  • 渋谷スキンクリニック
  • うえだ皮フ科内科クリニック
  • 銀座フットアイメディカル